2009年09月25日

アルバイトの履歴書の志望動機

アルバイトの志望動機はかなり下に見られがちですよね。
適当に履歴書を書けばいいと思っている人がいることが残念でなりません。

(就職活動日記と履歴書)

志望動機の欄が空欄だったり、ほんの数行しか書いていなかったりと、本当に仕事をする気があるのだろうか?雇って大丈夫な人物なのだろうか?と思ってしまいます。

いくらアルバイトといっても、確かに正社員とは状況が違うかも知れませんが、情けない履歴書を送ってくる人が多いです。

(新卒の志望動機と最強の履歴書)

どこかの履歴書の参考本の丸写しがまだ「まし」に思えてくるのは、私だけではないはずです。

まあ、こういう状況ですので、ごくごく普通に志望動機を書けば、当たり前のように通用してしまうのです。ノウハウもなにもありません。必要ないです。

(履歴書の書き方【学歴】)

とはいっても、超人気だったり、高収入の仕事だったりすると、倍率が非常識に高いこともありますので、そのときはいわゆる履歴書のノウハウだとか、志望動機の究極の書き方などを参考にして書かれることをお勧めします。

あくまで参考に、ですので、例文の丸写しは論外です。オリジナルな志望動機が、やはり、アルバイトの場合にも高評価を得られます。


posted by abaato at 00:44| 履歴書志望動機の書き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月04日

短期のアルバイトの志望動機

 

短期なので、志望動機は深く考えてもなくても、何でもいいです。常識的なものならなんでもいいと思います。

そんなに難しく考えなくても良いので、自分の気持ちをきちんと伝えましょう。
会社側は短期のアルバイトに対して高尚な志望動機なんて求めていません。

変にいろいろ書いてあるのは、かえって読むのも面倒です。

そのアルバイトを選んだ理由を書けばいいです。
短期なので自分の予定と合っていたからとか、その仕事が自分の性格と合っているからとか、以前からやってみたいと思っていたとか、やりがいがあるとか、興味があるとか、時給がいいとか、ちょうど時間があいたとか。。。

正社員の志望動機だったらアホかと思われるくらい単純で退屈なもので全然OKです。

要は、本当の志望した理由をそれらしく文章化すればいだけですね。

ただ、短期のアルバイトとはいえ、志望動機を書かないのは意味不明ですんで、そこだけ注意してください。
posted by abaato at 12:29| 履歴書志望動機の書き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月16日

ハローワーク仙台

 

アルバイトの場合は履歴書の郵送はまず無いと思いますので、日付は面接日を記入と覚えておけば良いでしょう。
転職の際は、当然のことながら、多くの場合に履歴書を用意する必要があります。
そのうえで、これまで仕事の効率を高めるために工夫してきたことや、目標達成のために努力してきたことについて、詳細な情報を補足するようにしましょう。
定義の広い職種ですので、経験した職務や得意としている作業をきちんと伝えましょう。

そのような場合に職務経歴書を添付してこそ「この人は積極的だな、入社の意欲が高いようだ」と好印象を与えることにもつながるのです。
送付状の書き方には決まりがあるわけではないですが、ビジネスマンとして最低限失礼の無い書き方、時候の挨拶などの体裁は整えたいですね。

履歴書の書き方一つで、スムーズに転職できることもあるのです。
転職に成功する履歴書の書き方をまとめてみましよう。
この場合、担当者が応募書類をざっと見るときに、一番上に添付されている添え状に、まず目がいくはずです。
転職希望の企業に対して敬意を払っていることを示すため、会社名の「株式会社」は?などと省略しないようにしましょう。

自分をより印象的にアピールするためにも、仕事以外の好きなこと、自信があることについて書き出してみましょう。
転職理由も10人おられたら10通りの答えがかえってくるでしょう。

さて、履歴書用紙の書き方としては、左上に住所や氏名、電話番号、写真貼り付け欄などの基本情報があります。
志望動機は、例文をコピペするのではなく、自分の言葉で、自分なりにアレンジして書くようにしましょう。
また退職理由が前の仕事の不満などではいけません。
どれだけ真剣に書いたかを知るにはそんなに時間はかかりません。
posted by abaato at 00:44| 履歴書志望動機の書き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月19日

性格の履歴書

 

女性の転職といっても、いまは男性との差はかなり縮まっているのではないでしょうか。
入社したらどうしたいかなど、前向きなことを記入するとよいのです。
まずは、やめることになった理由を納得がいくまで掘り下げ、ビジネスでの経験のアピールと、応募企業に対する意欲を語ることができれば間違いが無いようです。
それだけ、テーマ選びは重要だと言うことです。

履歴書とは、いわば自分の分身のようなものです。
志望動機は応募先によって全く違って当然です。

応募者が20代の場合、勤続年数が数年と短いので書く内容に困るという方がいらっしゃいます。
高校入学、高校卒業などいちいち書くのは面倒だと思うでしょう。
次に志望動機欄と本人希望記入欄への記入では、ありきたりの表現は避けて、入社の意欲が伝わるようにオリジナリティを感じさせる書き方を心がけましょう。
給与に関する質問は、最終面接において面接官からの提示がなかった場合に質問するのが妥当でしょう。

あなたがその会社に入ってやりたいことと熱意をアピールしてください。
でもこれは採用する企業によって違うわけですから、同じことを書いてもある企業では評価され、ある企業では評価されないといったことも当然のようにあり得ます。

競争激しい就職活動でいかにライバルに勝つのかの答えは、履歴書の書き方に隠されています。
転職後は、具体的にどのような環境が充実している職場で働きたいのかを考えてみましょう。
「今働いている会社で勤務を続けていては、結婚や育児がどうしても出来ない」というなら話は別ですが、そうでない場合は、できればそのまま会社に残った方がいいでしょう。
こうすれば第二新卒の就職を勝ち取ることが出来ると言われていることで、一番有効な方法は何だか知っていますか?それは魅力的な履歴書の書き方を把握しているということです。
posted by abaato at 18:41| 履歴書志望動機の書き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。